鬼の手形石(岩手No.0527)

岩手 についてのコメント&レビュー投稿
昔々のそのまた昔、岩手県あたりの国がまだ出来上がっていなかった頃の、遠い昔の話です。この辺りに「三つ石の神」が住むようになり、気にいった三つの石の上でそのまま深い眠りに...…全文を見る

鬼の手形石(岩手No.0527)

投稿者:beniko 投稿日時 2013/6/15 13:09
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 最終変更
きたやん氏からもらっていた現地写真(鬼の手形石)です。以下、きたやん氏からの説明。

現地の写真を見ていただければ気が付かれるかと思いますが、「三ツ石」なのに石が2つしかありません。 実は2つの石の陰にもう1つあり、鬼の手形は半分だけ見えている奥の方の石の裏側にあるらしいです。 雨風に浸食されたのか、実際に見てもどこが手形なのかさっぱり分かりませんでした。

他サイトから得た情報によると、御祭神は少彦名命(スクナヒコナノミコト)と稲荷大明神のようです。 あまり「三ツ石の神」という雰囲気の神様ではないような???
投票数:19 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)