Re: 小太郎と母龍

小太郎と母龍 についてのコメント&レビュー投稿
太古の昔、人々が信濃に住み始め、開拓に汗を流していた。 ここに、人々を束ねる若くてたくましい長(おさ)がいた。さて、長のもとに夜な夜な一人の女が通うようになるが、女の素...…全文を見る

Re: 小太郎と母龍

投稿者:ゲスト 投稿日時 2017/3/25 3:21
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
これはどちらかと言うとその土地の由来を表したタイプでしょう。
前半は古事記や日本書記に同じ話がありますし、後半はその土地の成り立ち。
神様と結婚するって、主人公がただの人間ではなく、神の力を持ったカリスマであるという証明であることが多いです。(戦国武将がうちは源氏の末裔じゃー!由緒正しい家柄なんじゃー!って言うのと同じ。)
そんな半神が開拓した土地のだから、村や田んぼを大事にしようねって子供たちに教えるための話だと思うのですが…どうでしょうか?
投票数:19 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)