Re: ちんちんこばかま

ちんちんこばかま についてのコメント&レビュー投稿
昔、美人な娘が、ある侍のところへ嫁にいきました。 この嫁はとにかく不精者で、お茶碗も洗濯物もいつまでもほったらかしたり、洗濯物も干しっぱなしでした。でも、気立ても優しく...…全文を見る

Re: ちんちんこばかま

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/3/26 16:31
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
きっと、不浄にしていると化け物等良くないものがやって来る。という神道的な習慣からと、
物にはモノ(魂)が宿り、扱いを間違えると祟ると思われていたからだと思います。
昔の人は、針供養等で、 モノ達に礼儀を尽くして、目に見えないがモノが帰るべき元の世に送る習慣がありました。
今でも大切な物を捨てる時は、半紙に包んで礼を述べてお帰り下さい申し上げ ゴミに出すと祟らないと言われています。
神社の祝詞で神様にお帰りいただく際には「元津御坐に帰りましませ」と神職さんが上げているのが良い例です。
「魂 魄」永遠に生き続ける目に見えない魂と、物質である朽ちてしまう魄。
朽ちてしまう物に対する供養等の礼儀、そして、その供養を通して暖かい感謝の心を通わせる、
怠ると祟りがあるよと。
日本人の目に見えない生命を感じる霊性のお話だと思います。
投票数:18 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)