Re: 雪月夜のお産 類似話

雪月夜のお産 についてのコメント&レビュー投稿
昔、宮城のある村に龍沢(りゅうたく)先生という医者が住んでいた。60才を過ぎても一日中、患者のためにあちこち元気に飛び回っていた。 ある雪の降る真夜中のこと一人の若者が...…全文を見る

Re: 雪月夜のお産 類似話

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/11/4 14:30
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
狐のお産
 むかしむかし、昔は今みたい病院さ行ってお産するなてなくて、ほとんどみな産婆さんに来てもらってお産ていうなしたもんだど。
 ある時、すばらしい上手な産婆さんなもんだから、隣の村から迎えに来た。て、行って、ほして難産を何とかかんとか取り上げて呉た。ほうしたれば、何だか窮屈で、やっと入口入って行ったような気する。ほして銭いっぱいもらってきて、村はずれまで来たれば、
「おれ、こっから送らんねがら、こっから一人ばり行ってけらっしゃいはぁ」
「なして」て聞いだれば、
「犬恐かない」て言うたって。犬恐かないなて不思議なもんだ。村さ行ぐと犬いっからなれって、言うて、ほっから戻って行ってしまった。おかしいこともあるもんだと思って、家さ来て銭あけてみたれば、はいつぁ木の葉だったど。
「はぁ、ほんでは、おれ、狐にだまさっだんだ」
 ほうしたれば、体中みな汚っでいだっけて。狐の穴の中さ入って行って、お産させてきた。んだげんど、その産婆さんが非常に喜んだって。人間ばり、おれば名人だ何だていうんでなくて、狐までおれば頼んで呉けっかていうわけで、大変気分ええぐしたけど。どんぴんからりん、すっからりん。
東北文教大学短期大学部民話研究センター 民話アーカイブ
蛤姫(下)佐藤家の昔話(八) 79
案楽城郵便局長故佐藤陸三氏(山形県真室川町)
http://www.t-bunkyo.jp/library/minwa/archives/hamagurihime_ge/text/79.html
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)