Re: すもう小天狗

すもう小天狗 についてのコメント&レビュー投稿
昔々、富士山の麓の岩本山の西側に小さな村がありました。この村の人達は僅かな畑と、富士川で獲れる魚で暮らしをたてておりました。 そうして村の少し上流に天狗岩という所があっ...…全文を見る

Re: すもう小天狗

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/8/25 10:39
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
岩本山実相寺 妙法堂

実相寺の仁王門をぬけると、左手に妙法堂が現れる。わずか1坪ばかりの小堂だ。妙法天狗、法心天狗という兄弟神を祀り、堂内には合掌僧形の黒々とした像2体が並んでいる。

4月3日にマラソン大会
妙法天狗・法心天狗は、一時(2時間)に千里(4,000km)走る力をもち、足や手の病でなやむ人が祈願すれば平癒する、と伝えられる。毎年4月3日に「妙法二神祭」が開かれ、実相寺を舞台にマラソン大会が催されている。

疱瘡神としても信仰されたといい、さらに子どもが生まれると赤飯をスノコに盛って供え、赤梅で染めた紙をお堂横のさるすべりに結ぶと、子どもが健康にそだつと伝えられた。また春の節句には、古くなったひな人形を持ち寄って供え、無事成長できたことを感謝したという(『ふるさとの昔話』)。

http://iiduna.blog49.fc2.com/blog-entry-490.html
富士さんぽ見聞録 より
投票数:15 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)