鉢の鯉の舞台は鯖江という城下町らしい

鉢の鯉 についてのコメント&レビュー投稿
昔ある所に、とても人使いの荒い五郎兵衛という長者がいました。使用人たちを朝から晩まで働かせ続け、病気や年を取って働けなくなった使用人につらくあたりました。 こんな五郎兵...…全文を見る

鉢の鯉の舞台は鯖江という城下町らしい

投稿者:マルコ 投稿日時 2013/6/22 15:47
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 最終変更
むかしむかし、鯖江(さばえ)の城下町(じょうかまち)に、五郎兵衛(ごろべえ)という男が住んでいました。五郎兵衛はなまけ者で少しも働こうとはせず、家にある品々を売って毎日を食いつないでいました。そんなある日、とうとう家の中はふとん一枚が残るだけになりました。さすがの五郎兵衛も、ふとんにあおむけになりながら考え込んでしまいました。
「もうこれ以上、売る物がない。どうしようか?」
その時ふと、天井からぶらさがっている小箱が目に止まりました。
「あった! あの箱を売ればいい。・・・いや、まてよ」
その箱は先祖代々(せんぞだいだい)、貧乏になって家をなくす時まで開けてはならないと伝えられている事を思い出しました。しばらくの間、五郎兵衛は箱をにらんでいましたが、
「ええい、こんな時だ。ご先祖さまだって文句はいうまい」
と、さっさと箱を開けてしまいました。すると箱の中には、薄汚れたどんぶりが一つ入っているだけです。
「ちぇっ、こんな物、何にもならないや。・・・まてまて、人のいい長者(ちょうじゃ)の源(げん)さんなら『家宝(かほう)だ』と言えば、少しぐらいのお金をくれるだろう」
五郎兵衛はさっそく、長者のところへ持っていきました。
長者は家宝まで売りにくる五郎兵衛をあわれに思い、薄汚れたどんぶりと米五俵(ひょう)を代えてくれました。さて、その年の秋祭りの日に、長者がたくさんのお客を家に呼びました。そしてなにげなく五郎兵衛のどんぶりを、みんなに見せました。
「長者さん、これが家宝だって? どんぶりの底に、コイの染付(そめつけ)があるだけじゃないか。水でも入れたら、何か変わった事でもおきるのですかい?たとえば、染付のコイが泳ぎだすとか?」
と、客に冗談半分に言われた長者は、
「そうだな。そうかもしれないぞ」
と、どんぶりに水を入れてみました。
すると不思議な事に、コイの染付がむくむくと動き出して、ピシャンと空中に飛びはねたのです。
「なんと、これは!」
一同は、ビックリです。長者はその不思議などんぶりを、五郎兵衛に返しました。五郎兵衛は何度も水を入れてみましたが、ただのどんぶりでした。でも長者が水を入れると、コイがちゃんと泳ぎ出すのです。それを見た五郎兵衛は、(これは、ご先祖さまのいましめにちがいない)
と、思い、それからはまじめに働いたという事です。

おしまい

福娘童話集
http://hukumusume.com/douwa/betu/minwa/06/14.htm
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)