Re: 布曳滝

布曳滝 についてのコメント&レビュー投稿
昔、三重県名張(なばり)に豪族が住んでいました。その豪族の娘、紅姫(べにひめ)が、赤目山にばあやと一緒に紅葉狩に出かけたときのことです。 紅姫はあまりの紅葉の美しさに「...…全文を見る

Re: 布曳滝

投稿者:もみじ 投稿日時 2012/6/22 0:39
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 最終変更
紅葉の枝をひと枝折ったら、断崖絶壁の上で一人ぽつん。
あげくの果てに30mの布を「紅葉の繊維から織れ」とか、

神様、いくらなんでもそれは酷すぎる罰なんじゃヽ(´Д`;)ノ
と思います(><;)

布曳滝という名称の滝は全国にたくさんあるそうですが、
三重県にあるこの滝は、その代表格で「赤目五瀑」として有名だとか。
写真を検索したら次々とヒットしました。すごく綺麗な滝でした(・∀・)♪
実際に高さ30mあるそうです。

他には、

戦国時代、織田信長が攻めてきて断崖の上に追い詰められた村人の前に
空から布が降りてきて、それを伝って村人は崖下に逃れた。
それを見ていた織田軍が同じように布を伝って降りようとした。
ところが布は突然滝に変わり、織田軍は滝壺に叩きつけられて死んでしまった。
布が滝に変わったので、布曳滝という。

という別の伝説もあるようです(・ω・;)
投票数:36 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)