Re: 竜宮からきた嫁

竜宮からきた嫁 についてのコメント&レビュー投稿
昔、酒匂川(さかわがわ)の海に近いほとりに正助(しょうすけ)というネギ売りの男が住んでいた。この正助という男、馬鹿が付くほどの正直者だったので、商売の方は下手で、その日...…全文を見る

Re: 竜宮からきた嫁

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/10/13 23:43
この昔話は、「ふるさとの民話8・神奈川県の民話」にも収録されています。
「白ゴマ千そう黒ゴマ千そう」〈伝説・小田原市〉という題名です。
「むかし、相模の国の酒匂川が海にそそぐあたりに、正助という正直な男が、ネギを売ってくらしをたてていた。ネギなど売ったところで、たいした金にもならないから、正助はいつもびんぼうであった。」という書き出しで始まっています。
アニメの内容とほぼ同じですが、最後の結末が少しちがいます。
竜宮の王様の娘が大蛇となり、悪い殿さまを絞め殺しますが、そのあと大蛇は、「座敷じゅうをはいまわったあと、大きな松の木をつたって城のそとへで、酒匂川の中へザブンととびこんで、おそろしいすがたを消した」と書かれています。
正助は「うつくしい嫁が、大蛇になって酒匂川にきえていったのを見て、とおくの村へ逃げていき、そこで、やっぱりびんぼうなネギ売りをつづけながら、一生をすごしたそうだ」というオチで終わっています。
アニメでは正助と嫁との純愛が描かれていますが、昔話のほうはとりとめがなく残酷で、正助も浮かばれない、哀れな結末だなと思いました。
投票数:2 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)