Re: ねこの盆踊り

ねこの盆踊り についてのコメント&レビュー投稿
小田原の海辺に文助(ぶんすけ)というじいさんが住んでいた。じいさんの家では、猫が1匹飼われていて、大変かわいがられていた。 さて、お盆近くになると、夜中に干してあった手...…全文を見る

Re: ねこの盆踊り

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/10/13 23:24
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
「ネコのおどり場」の昔話については、「ふるさとの民話8・神奈川県の民話」にも集録されていますね。
「むかし、戸塚(いまの横浜市戸塚区)に水本屋という、しょうゆ屋があった。
大ぜいの男たちがまい日、しょうゆをしこんだり、たるにつめたりして、いそがしくはたらいていた。そして夜になると、その日よごした手ぬぐいを、きれいにあらってのきにほす。それでその日のしごとは、おしまいになったと。
ところが、いつのころからか、その手ぬぐいが、朝ごとに一本ずつたらんようになった。はじめは(風にとばされたのだろう。)とおもってたが、あまりつづけてなくなるので、おかみさんが気にした。」という書き出しで始まっています。
最後のオチでは、「この話がひろまって、だれいうとなくそこを〈おどり場〉とよぶようになった。ネコの供養のために碑も立ててある。戸塚から長後(ちょうご)へいくバスにのると、おどり場っていうバス停があるのがそれだよ。」と書かれています。
小田原の話とは、どのような関係があるのでしょうかね?
投票数:8 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)