Re: 森吉山の山おじ

森吉山の山おじ についてのコメント&レビュー投稿
昔、秋田の森吉山の沢に、力持ちの炭焼き弥三郎(やさぶろう)と妻子が暮らしていた。 弥三郎が夜鍋仕事をしていたある夜のこと。怪しい足音が聞こえたかと思うと、岩のような大男...…全文を見る

Re: 森吉山の山おじ

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/5/19 23:27
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は、「日本の伝説14・秋田の伝説」(角川書店)にも紹介されています。
「阿仁合線の終点の比立内にも、石にかかわる話が残っている。比立内から車で十五分ほど奥に入った中村に、弥三郎という剛力無双の炭焼きが住んでいた。」と書かれています。
また、弥三郎の墓というものがあり、「比立内の小高い山の上にある。墓とはいっても苔のむした大石がころがっているだけだが、村人は今でもこの大石は、森吉山をしのぐ磐石の力があると信じている」と書かれています。
インターネットで調べてみると、国土交通省の作成した秋田県の「資料調査結果」というリストに「弥三郎の墓」が記載されています。
https://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/souhatu/h18seika/06wiseuse/06_kobetsu_09siryoutyousa.pdf

場所は「北秋田市阿仁比立内中村」だそうです。(237ページ、コマ番号31/89)
投票数:24 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)