Re: 七本ひのき

七本ひのき についてのコメント&レビュー投稿
昔、奈良の迫西川(せいにしがわ)に七本檜という立派な大木がありました。このヒノキは山の神木で、杣師(そまし、木こり)達の守り神としても大切にされていました。 ある日、こ...…全文を見る

Re: 七本ひのき

投稿者:ゲスト 投稿日時 2021/5/3 11:49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
迫西川集団殺人事件

概要
:現在の奈良県十津川村迫西川の集落であった殺人事件。かしき(炊事係)である老人が、建具師と6人の杣師(木こり)を殺害し、桧の売却金を搾取した事件である。

事件発生・経緯
:当初、この事件の唯一の生存者であるかしき(炊事係)は、深夜に突然に来訪した7人の僧侶が建具師と6人の杣師(木こり)を殺害して逃走したと証言した。また、かしき(炊事係)はこの7人の僧侶に目を治してもらったと証言したが、事件発生時点では視力がほとんどなかったため犯行は不可能であると主張した。しかし、7人の僧侶の来訪自体が彼の虚言であり、建具師と6人の杣師(木こり)を殺害し桧の売却金を独り占めしようとしたのが事件の真相である。そもそもかしき(炊事係)の目は悪くなく、犯行方法は宴会の飲食物に毒物を混入したものであった。
投票数:28 平均点:10.00

投稿ツリー

すべてのコメント一覧へ


このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)