Re: 不思議なコマ犬

不思議なコマ犬 についてのコメント&レビュー投稿
金沢の町はずれ、小坂の伝燈寺(でんとうじ)という寺に、活道和尚(かつどうおしょう)という坊さまがいました。 ある吹雪の夜、じいさまが小さな孫を連れて逃げ込んできました。...…全文を見る

Re: 不思議なコマ犬

投稿者:貧乏神 投稿日時 2020/10/3 10:20
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
和尚様が現実と信仰の中立に立っていてなかなか珍しいキャラクターでした。
子供と寺に籠る際も頼もしくて、好きなキャラの一人です。


コマ犬が狼を蹴散らすシーンですが、血が飛び散り日本昔ばなしにしては結構グロテスクな描写だったと思います。
そして狼を追い払い二度と寄せ付けないようにするだけで解決するのに、コマ犬たちは狼の大群を全て食い殺してしまいました。
また、朝になって石に戻ったコマ犬を見ると口を血で染めた彼らの様子がおどろおどろしく描かれています。

私が考えるに、演出の小林治氏はわざとコマ犬を恐ろしく思わせる描写を多く盛り込んだと思います。ただ単にコマ犬を賛美するだけでなく、超常の者が持つ脅威や恐ろしさも同時に伝えてそれらへの畏怖の念を忘れないように、という思いがあったのではないでしょうか。
投票数:20 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)