トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  石川県 >  不思議なコマ犬
No.0439
ふしぎなこまいぬ
不思議なコマ犬

放送回:0274-B  放送日:1981年01月31日(昭和56年01月31日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:福井のり子  作画:小林治
石川県 ) 13989hit
あらすじ

ある山奥の伝燈寺(でんとうじ)という寺に、活道和尚(かつどうおしょう)という坊さまがいました。

ある吹雪の夜、じいさまが小さな孫を連れて逃げ込んできました。孫がオオカミに襲われて怪我をした、このままではオオカミに血の匂いをかぎつけられて狙われてしまう、と言う。じいさまと孫は、コマ犬様が守ってくれるという言い伝えを信じ、ここへ逃げ込んだという。

和尚様は言い伝えにしかすぎないと思っていたが、ひとまず孫を預かってじいさまを家に帰した。その夜、血の匂いを嗅ぎ付けたオオカミの群れが神社をぐるりと取り囲んでいた。そして先頭の叫び声を合図に、オオカミの群れはすさまじい唸り声をあげ、神社に向かって襲い掛かってきた。

和尚様は小さな孫と一緒にお経を唱えはじめた。もはやこれまでかと覚悟を決めた時、小さな孫が「こまいぬさま~~~!」と叫んだ。その時、狛犬に積もっていた雪が崩れ落ち、狛犬が獅子のごとくオオカミの群れに飛び込み、次々に噛み殺していった。

やがて夜明けが訪れ、和尚様が恐る恐る外に出てみると、そこにはおびただしい数のオオカミの死骸が散らばっていた。そして、口を血で真っ赤に染めた狛犬が朝陽に照らされておりました。

(投稿者: てぃっぴい 投稿日時 2012-6-9 18:31 )


ナレーション市原悦子
出典清酒時男(未来社刊)より
出典詳細加賀・能登の民話 第一集(日本の民話21),清酒時男,未来社,1959年08月31日,原題「不思議なコマ犬」,河北郡誌より
場所について三河神社(狛犬のいる神社)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:三河神社(狛犬のいる神社)
追加情報
このお話の評価9.2778 9.28 (投票数 18) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/9 20:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 27  次>  
コメント一覧
6件表示 (全6件)
りん  投稿日時 2017/2/19 19:12
この話は30年以上前の日本昔でも流れていました。子供のころの自分はたいそう狛犬に感激し、友達にも話したのを覚えています。
ゲスト  投稿日時 2015/7/21 21:00
うーむ、狛犬にお寺に神社にお経に坊主・・・。何という神仏習合。
ゲスト  投稿日時 2015/7/17 20:56
子供を救うのは無理だと思った住職が「せめてわしも一緒に喰われてやろう」って
言った。その発想はなかった・・・・・
ゲスト  投稿日時 2015/6/10 22:33
和尚が狛犬様の事を「ただの言い伝えだ」と、現実的に割り切ってたのが印象的。
坊  投稿日時 2015/5/14 18:04
必死に助けを求める子どもの声に立ち上がる狛犬さまのカッコよかったこと!

弱きを助け、強きを挫く 理想の姿ですね。
(※別に狼が「悪い」わけではないケド。)
人狼  投稿日時 2013/5/14 12:01
あまりに血なまぐさい日本話として印象に残っています。

子供向きにはあまりにも強烈なインパクトがあるんではないでしょうか。

不思議というより「怖すぎ」と思うのは自分だけだろうか。

狛犬さま、実体化して飛び出すさまはかっこよかったですね!
投稿ツリー
6件表示 (全6件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

44 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)