Re: たいしこ団子

たいしこ団子 についてのコメント&レビュー投稿
昔、出雲の国のある村に、お爺さんに先立たれ一人暮らしをするお婆さんが住んでおりました。お婆さんは、足や腰を悪くしてからというもの、田んぼ仕事も出来なくなり、日々の食べる...…全文を見る

Re: たいしこ団子

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/8/5 23:59
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と似たような話が、未来社の「茨城の民話・第一集」にも収録されています。
「十一月二十三日の雪」(真壁郡)という話です。
ぼろぼろの衣をまとったみすぼらしい旅僧が、貧しいおばあさんの家にやってきます。
おばあさんはひもじそうな旅僧になにか食べさせてやろうと、地主の畑に行って大根をひっこぬいてきて食べさせました。
畑についたおばあさんの足跡がわかってしまうのを案じた旅僧は、雪を降らせました。
この旅僧は智者大師でした。
毎年十一月二十三日に雪が降るのは、それがちょうどその日の出来ごとであり、いまもおばあさんの足跡を消してやろうとして降らせるのです。

智者大師は註によると、「智顗(ちぎ)(538-597)、中国の陳・隋時代の僧。天台宗の開祖、天台大師と呼ばれる。智者大師の号をおくられた。」と書かれています。
「お大師様」というとどうしても、弘法大師空海を連想してしまいます。
「たいしこ団子」や「あとかくしの雪」「藁の元結」はたしかに似たような話ですが、ひょっとすると中国の天台大師に関わりのある話なのかもしれません。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)