Re: ソラ豆の黒いすじ

ソラ豆の黒いすじ についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある所での話。 お婆さんがそら豆を運んでいると、一粒だけコロコロとこぼれ落ちた。それから火を焚きつけようと藁(わら)を運んでいると、一本だけ抜け落ちた。お婆さんがか...…全文を見る

Re: ソラ豆の黒いすじ

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/6/13 22:43
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は、未来社の「遠江・駿河の民話」にも収録されています。
「そら豆の黒いすじ
むかし、あるところにおばあさんがありました。ある朝のことです。おばあさんは早起きして、そら豆を冷し、やわらかになるのをまって、おかずを煮ようとしました。ざるからお鍋に入れようとしたはずみに、一粒のそら豆が庭の隅のねずみの穴に、ころころと転がりおちました。」という書き出しで始まっています。
アニメでは通りかかった若い娘さんが、針と黒い糸で割れた頭を縫ってくれましたが、民話のほうでは「お針の師匠」となっています。
採集地は浜松市となっています。
浜松在住の方が幼い頃にグリム童話を読んで、その話をそのまま民話の採録者に話したのでしょうか?
投票数:31 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)