Re: 瓜生島とえびすさま

瓜生島とえびすさま についてのコメント&レビュー投稿
昔、九州別府の湾には、瓜生島というきれいな島が浮かんでいたそうだ。 瓜生島には、島の守り神として恵比寿さまが祀られており、この恵比寿さまには不思議な言い伝えがあった。恵...…全文を見る

Re: 瓜生島とえびすさま

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/4/17 0:16
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
似たような昔話は徳島県にも伝わっています。
「阿波の民話・第2集」(未来社、武田明編)には「お亀千軒」という民話が収録されています。
昔は徳島の東の亀磯は一つの島でしたが、漁師の家が千軒もあったそうです。
それでお亀千軒といい、島には夷(えべす)さんを祀っていました。
一人のおばあさんがその夷さんを信心して毎日お参りしていました。
ある晩、夢のおつげで、もし夷さんの顔が真っ赤になったらこの島は海に沈むと言われます。
おばあさんは村の人たちにこのお告げを知らせますが、村のいたずら者の若衆がふざけて、紅がらを夷さんの顔に塗りたくります。
あくる日、夷さんの顔が真っ赤になっているのを見たおばあさんは、家中の者を連れて島から逃げ出します。
村の者は若者のいたずらを知り、みんなでおばあさんの一家を笑いものにします。
ところが二、三日して大きい地鳴りがしたかと思うと、ほんとうに島は海の中に沈んでしまいました・・・

この伝説は「徳島市郷土史編」(昭和7年)という本にも詳しく記載されています。(コマ番号71/168)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1191441/71

大分県の瓜生島の伝説とは、どのような関係や共通性があるのでしょうか?
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)