トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  大分県 >  瓜生島とえびすさま
No.0652
うりゅうじまとえびすさま
瓜生島とえびすさま
高ヒット
放送回:0409-B  放送日:1983年09月10日(昭和58年09月10日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:前田康成
大分県 ) 27815hit
あらすじ

昔、九州別府の湾には、瓜生島というきれいな島が浮かんでいたそうだ。

瓜生島には、島の守り神として恵比寿さまが祀られており、この恵比寿さまには不思議な言い伝えがあった。恵比寿さまの顔が赤くなったら、島は沈んでしまうというものだった。反対に、恵比寿さまを大事にしていればご利益もあり、魚もたくさんとれるということだった。そのため島の人々は、毎日交代でお供え物をし、恵比寿さまを大事にしていた。

ところが、どの村にも人を困らせては、それを喜ぶ者もいるもんだが。瓜生島にも、悪太郎(あくたろう)と島中から呼ばれ、つまはじきにされているわんぱくな若者がいた。悪太郎は、毎日働きもせずブラブラしては次々に悪さをして、島の人々が怖がったり、驚く姿を見て喜んでいるのだった。

ある日悪太郎は、島の人が恵比寿さまにお供えした団子を横取りしているところを、島の人に見つかり袋叩きにされ酷い目にあわされた。怒った悪太郎は、仕返しをすることにした。その夜、悪太郎はこっそり恵比寿さまの顔に紅がらを塗りつけ真っ赤にした。塗り終わると、突然グラグラと地面が揺れ、地響きが起こり、恵比寿さまが大岩もろとも、地上高くに突き出した。だが悪太郎は、これを単なる地震のせいとしか思わなかった。

次の日の朝。島の人々は腰をぬかさんばかりに驚いた。
「ややや、恵比寿さまのお顔が真っ赤じゃ」
「こんなに岩が盛り上がって。きっと悪い知らせじゃ」
さあ大変。島中大騒ぎになった。島の人たちは先を争うように、船を出して逃げ出した。

不思議なことに、悪太郎が恵比寿さまにいたずらをしたその日から、毎日地鳴りが起こり、島全体が揺れ始めた。そのため、瓜生島に愛着があり、最後まで残っていた人たちも恐ろしくなり、島を抜け出した。そうして残ったのは、悪太郎ただ一人となった。「臆病もんの慌てもんが。わしが紅がらを塗ったとも知らんで逃げ出したぞ。島が沈んだりするもんか。2、3日もすればまた恐る恐る島に戻るじゃろうて」悪太郎はそう思っていた。

その時、今までになく大きく島全体が揺れ始めた。島の向こう岸の別府の浜にある、高崎山、それに続く、鶴見岳、由布の山々が一斉に火を噴き、火の柱が空を焦がした。その夜はさすがの悪太郎も不安になり、家の中で小さくなっていた。「こりゃあひょっとして、本当に島が・・・」

真夜中のことだ。海の水がみるみるうちに黒々として、その上を白い三角波が走り去った。
大津波が島を襲ったのだ。「ああ・・許してくれ、わしが悪かった。許してくれ・・・」瓜生島は別府の海の底へ呑まれていった。津波が引いた後には、ドロドロと濁った海が広がっているだけだった。

(投稿者: 十畳 投稿日時 2011-8-4 17:30 )


ナレーション常田富士男
出典大分のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細大分のむかし話(各県のむかし話),大分県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1975年10月01日,原題「瓜生島とえびすさま」,再話「大塚俊英」,大分県の民話、別府の伝説と情話
備考瓜生島は、安土桃山時代に1日にして沈んだとされている島。
場所について別府湾にあったとされる瓜生島(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:別府湾にあったとされる瓜生島(地図は適当)
追加情報
このお話の評価9.2857 9.29 (投票数 14) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/5 1:44 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 27  次>  
コメント一覧
10件表示 (全15件)
もんた  投稿日時 2020/2/3 6:41
覚えておかないといけないと思います。地震にはよくあいます。
owl  投稿日時 2019/12/28 19:44
海面を這うように迫り来る火砕流。

タラン!!急速転身!!瓜生島から離れろ!

波動エンジンワープ出力!瓜生島より急速離脱!

間一髪デスラーの三段空母以下ガミラス艦隊は影響圏外に脱する。

総統!久光島が別府湾から離れて行きます。瓜生島と久光島は二連島です。瓜生島が没しバランスが崩れた為久光島は暴走を始めたものと考えられます。

久光島を追え。決して見失うな!

owl  投稿日時 2019/12/28 19:20
大分県人です。
昔話としてよく聞かされました。
しかし由布鶴見高崎と噴火したとなると湯布院別府西大分は壊滅でその様は遊星爆弾攻撃と言うよりガミラス本星の最期のような有様になると思います。

リメイクするとしたら
間一髪噴火影響圏から離脱した船上で膝を尽き動揺を隠せない村長。立ち尽くし大粒の涙を零し号泣する漁民。
いつかは没する運命にあった島とはいえこんな最期を迎える事になるとは...。

悪太郎はボラー連邦のベムラーゼにようにずる賢いが頭は悪いので降り注ぐ火山弾に追い詰められる中海に没して貰いましょう。




ゲスト  投稿日時 2018/7/20 22:16
瓜生島の沈没は史実なんだよな。コワイ
ゲスト  投稿日時 2017/4/16 13:24
神様になんか恨みでもあんのかよwww
ゲスト  投稿日時 2016/7/1 5:56
京極夏彦の「怪」において「赤面ゑびす」というタイトルで
ドラマ化されていましたね。
わんわん  投稿日時 2016/4/17 3:03
本当に地震がこの辺りでも起き始めましたね…
気仙沼の津波の話といい、昔話って史実に基づいたものとして大切に覚えておきたいですね。
たなか  投稿日時 2016/4/16 8:26
どこの神も怒ったり嫉妬したり、或いは人を殺したり・・・(あーあ)
ゲスト  投稿日時 2015/10/26 21:53
津波の恐ろしさを教えてくれる話ですね。こういうのは残しておくべきと思います。
ラメント  投稿日時 2014/11/26 21:38
神仏を傷つけ軽く扱った
悪太郎には度肝を抜く天罰が下ったのです。
遺体も見つからない惨めな最期だよ。
投稿ツリー
10件表示 (全15件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)