Re: 山んばの嫁さん

山んばの嫁さん についてのコメント&レビュー投稿
ある男の家に、急に山姥がやってきて嫁にしてくれと言う。男は断るのが怖くて山姥を嫁にしてしまう。 山姥の嫁さんは意外にも働き者なのだが、その日から男の家の米の減る量が異様...…全文を見る

Re: 山んばの嫁さん

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/4/10 22:48
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話の現地情報は「若狭・越前の民話」によると、次のように書かれています。
「むかしこの近くにヤマンバが住んでいました。あるときこの在所(遠敷郡上中町新道)のヤマメジサ(嫁さんのない男)の所へ来て、「嫁さんにしてくれ。」といいました。」
遠敷郡上中町新道は現在の地名では、福井県三方上中郡若狭町新道となっています。
また、この昔話はもともとは、「くわず女房」と同種の話だったらしいですね。
アニメでは描かれていませんが、民話では「ヤマンバの口が急に頭のてっぺんに来て、大きく開きました。ヤマンバはおにぎりを両手でつかんで空にほうりあげ、じょうずに口で受けて食べました。」と書かれています。
ヤマンバが大きなお乳で木を切るオチは、話者の松尾利一さんの創作か、別の民話からの付け足しか記憶違いの可能性もありますね。
投票数:32 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)