このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0969
きつねのちょうちん
キツネのちょうちん

放送回:0611-A  放送日:1987年08月15日(昭和62年08月15日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:堀田篤子
愛媛県 ) 16784hit
あらすじ

むかしむかし、瀬戸内海の小さな島に双子の兄弟が住んでおりました。兄は働くことが嫌いな怠け者、弟は働くことが何より好きな働き者でした。

ある日、弟は畑仕事を終え、いつものように真っ暗になった道を家へと帰っておりました。すると赤い提灯を下げた白いキツネが現れて、弟に提灯を貸してくれたのでした。おかげで弟はやすやすと家に帰ることができました。

次の日、畑仕事を終えた弟の前に、また白狐(しろぎつね)が現れました。弟はお礼を言い、提灯を白狐に返しました。キツネの提灯は不思議なもので、一振りするとぽっちりと赤い光がともります。ひょいひょいと二回振ると、底が開いて小判が零れ出てくるのでした。「おら、小判なんぞより話し相手がほしい。この島の外の話が聞きてえよ。」と、弟は白狐が出してくれた小判を断りました。

次の日、いつものように畑仕事を終えた弟の前に、白狐が若い娘の姿で現れました。白狐は弟を大岩の上へ誘い出し、都や芝居、祭りといった島の外の話を語り始めたのでした。白狐の夜ごとの話は弟にとって夢のようで、何日かが飛ぶように過ぎて行きました。

一方、怠け者の兄は弟から一部始終を聞き出すと、弟になりすまして畑に出かけました。そうして白狐が現れると、兄は「おら、お前の話は聞き飽きた。それよりも金が欲しいんじゃ。」と言いました。

白狐は黙って、提灯を二つ兄に渡しました。兄が提灯を二回振ると、小判がキラキラと零れおちました。兄は大喜びでしたが、白狐が姿を消すと小判は兄の手から舞い上がり、月見草の花に変わってしまいました。月見草は畑から家までの道に何百何千と咲きこぼれました。

それから後、白狐の姿を見ることはありませんでしたが、畑から帰る弟を助けるかのように、月見草は明るい黄色の花をつけるのでした。そうして弟は、月見草の花が咲く頃になると必ず、あの白いキツネの事を思い出したそうです。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2012-8-4 7:48)


ナレーション市原悦子
出典真鍋博「愛媛の昔語り」より
出典詳細愛媛の昔語り,真鍋博,朝日出版,1960年10月15日,原題「キツネのちょうちん」,採録地「今治市波止浜旭方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.7500 8.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/4 8:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)