このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0956
たのかみとかぜのかみ
田の神と風の神

放送回:0602-A  放送日:1987年06月06日(昭和62年06月06日)
演出:塚田洋子  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:塚田洋子
滋賀県 ) 9855hit
あらすじ

昔、近江に田の神様がいました。田の神様は田んぼのそばにいて、百姓が働く様子を見守り、田んぼの実りを守っていました。

ある年の秋、風の神が小さな娘っこを連れて里へやってきました。風の神の娘はとても可愛らしく、風の起こし方を教えてもらって大はしゃぎしていました。田の神様はこの娘に一目ぼれして、是が非でも嫁にもらおうとさっそく交渉に出向いて行きました。

風の神は、最初は「まだこの娘は幼いから」と断っていましたが、田の神様の熱心なお願いにとうとう娘を嫁に出すことにしました。結婚した二人は、なかなかの歳の差カップルでしたが、楽しい新婚生活をエンジョイしていました。

しかし、まだまだ娘は幼すぎました。やがて春になり田植えが終わった頃、娘はちょうちょを追いかけて田の上を飛び回っていました。すると、せっかく植えた苗は、全部めちゃめちゃになってしまいました。

これまでの度重なる娘のいたずらに、とうとう堪忍袋の緒が切れた田の神は、激しく怒って娘に離縁を言い渡し、実家に帰してしまいました。これを知った風の神は「娘を幸せにすると約束したくせに!」と激怒し、ものすごい風を起こしながら里の田んぼの上を飛び回りました。

それからというもの、近江のこの周辺では、田植えの時期になると決まってすごい風が吹くそうです。

(紅子 2013-8-7 0:59)


ナレーション市原悦子
出典笠井典子「浪速の昔話」より※ミス
出典詳細近江の昔話(日本の昔話 第06巻),笠井典子,日本放送出版協会,1973年11月05日,原題「たな神と風の神」
備考アニメでの出典は間違いで、本当は「笠井典子の近江の昔話」が出典元です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/8/7 0:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

149 人のユーザが現在オンラインです。 (126 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)