このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0927
えんこうきょうもん
えんこう経文

放送回:0583-A  放送日:1987年01月24日(昭和62年01月24日)
演出:小原秀一  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:小原秀一
山口県 ) 8044hit
あらすじ

昔ある所に、それはそれは立派な和尚さんがいました。

ある夏の日、馬を小川に入れて洗ってあげる事にしました。すると和尚さんがいない間に、川に住む河童たちが馬を川に引きずり込もうとしました。馬は驚いて、大慌てで寺に逃げ帰っていきました。

和尚さんは、馬の背にしがみついていた一匹の河童を縛り上げ、炎天下の元に放置しました。すっかり干上がった河童は涙を流して命乞いをしたので、和尚さんは河童を許してやりました。頭の皿に水をもらって息を吹き返した河童は、謝るどころか和尚さんにザルを投げつけ、仕返しを誓って川へ帰って行きました。

その夜、河童一族が寺に押しかけ、和尚さんが寝ている間にお寺の中をめちゃめちゃに荒らしました。毎晩毎晩、河童の大群が寺を荒らし続け、ついにご本尊の首を折ってしまいました。

さすがの和尚さんも我慢がならず、千個の小石を村人に集めさせ、七日七晩かけて一つずつ小石に経文を書き続けました。そしてこの小石を河童の住む川へ投げ入れると、河童封じのまじないが効き、河童たちは体がこわばったように動かなくなりました。

河童たちは今度こそ心から詫びて、「炒った豆から芽が出て花が咲いても、決してイタズラはしない」と約束しました。和尚さんは、河童たちが約束を忘れないようにと、炒った豆を川へ撒きいれました。それ以来、河童たちのイタズラもなくなったそうです。

(投稿者: KK  投稿日時 2012-9-30 16:47)


ナレーション市原悦子
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第二集(日本の民話46),松岡利夫,未来社,1969年10月20日,原題「えんこう経文」,採録地「大津郡」,話者「福永カネ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.0000 5.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/30 18:55 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

140 人のユーザが現在オンラインです。 (119 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)