このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0924
ふじさんをささえたはなし
富士山をささえた話

放送回:0581-A  放送日:1987年01月10日(昭和62年01月10日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:若林常夫
滋賀県 ) 13113hit
あらすじ

ある男が夢の中でうなされていた。その男は寝ながら両手を挙げて苦しんでいた。

それを見ていた別の男がどうしたんだ?と言ってその腕をおろそうとしたが、すごい力でその手を下ろすことができない。

やがて寝ていた男が起きたので、いったい何の夢をみていたんだ?と尋ねると、富士山をささえていた夢を見た。手をはなすとつぶされてしまうので必死だった。と答えた。

それ以来、その夢を見た男は猛烈に働いて暮らしが楽になった。その男曰く、富士山をささえたことに比べれば、畑仕事なんて苦じゃないと。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


参考URL(1)
http://www.pref.shiga.jp/minwa/15/15-butai.html
ナレーション市原悦子
出典滋賀のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細滋賀のむかし話(各県のむかし話),滋賀県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1976年02月10日,原題「富士山をささえた話」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5000 8.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

47 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)