このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0829
あまぬまのみみどじょう
天沼の耳ドジョウ

放送回:0522-A  放送日:1985年11月16日(昭和60年11月16日)
演出:小堤一明  文芸:平見修二  美術:長尾仁  作画:小堤一明
福島県 ) 12850hit
あらすじ

会津の天沼には多くのドジョウが住んでいた。しかし、人間によって毎日のように捕獲され、数が激減し、最後には5匹になってしまった。

このままでは全滅してしまう…。途方に暮れていたある日、沼のふもとにお坊さんがやってきて、おにぎりを食べ始めた。その時、お坊さんの鼻にアブが止まり、血を吸い出した。するとお坊さんは、「アブよ、お前も昼飯か」といって、追い払うこともなく食事を続けた。

それを見たドジョウたちは、「あの坊さんなら何とかしてくれる」と考え、お坊さんの前に行き、事情を説明した。するとお坊さんは1匹のドジョウをすくい上げ、念仏を唱えた。すると、ドジョウから人間の耳が生えてきた。

ドジョウたちは、その耳を頼りに人間の声を聞き、捕獲されないように沼の中を逃げ回った。そのおかげで、しばらくするとドジョウの数も増え、もとの賑わいを取り戻しつつあった。この間、天沼ではドジョウが全く採れなくなっていた。

これで大丈夫、と油断していたら、忍び足で近寄ってきた人間に根こそぎ捕獲されてしまった。油断したことを後悔したドジョウは、意を決して人間に話しかけた。人間は、耳の生えたドジョウが命乞いをする様子を見て驚き、ドジョウをその場に投げ捨てて逃げ帰った。ドジョウは一目散に天沼に戻り、今後は油断しないと誓う。

(投稿者: tom 投稿日時 2011-11-6 13:06 )


ナレーション市原悦子
出典蛯原由紀夫「福島県の民話」(偕成社刊)より
出典詳細福島県の民話(ふるさとの民話10),日本児童文学者協会,偕成社,1978年12月,原題「天沼の耳ドジョウ」,採録地「南会津郡」,再話「蛯原由起夫」
場所について伊南村中学校の南側に天沼があった(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.6667 6.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/6 15:48 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)