このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0818
しゅうとめとかがみとわるものぞろい
姑と鏡と悪者揃い

放送回:0515-A  放送日:1985年09月28日(昭和60年09月28日)
演出:岩崎治彦  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:岩崎治彦
茨城県 ) 12112hit
あらすじ

昔ある所に、とっても仲の悪い嫁と姑(しゅうとめ)が住んでいました。

姑は、嫁のやることなすこと全てが気に入りませんでした。今日も、嫁の朝起きの事やお茶の事でイライラした姑は、長者さん相手に愚痴をこぼしていました。

長者さんは姑に対して「鬼のような顔をせず、にっこりした顔で嫁に接すれば良い」と言いました。姑は、逆に長者さんからたしなめられたので、プンプン怒って長者さんの家を出ました。

姑は家に帰る途中、村でも評判の仲の良い嫁と姑が、川で洗濯している所を見かけました。楽しそうな二人に「どうして仲が良いのか?」と訊ねると、「私たちはお互いを責め合わず、自分が悪いと言い合って喧嘩にならない」と答えました。

姑は家に帰ってから、長者さんに言われた通り、鏡を見ながらにっこり笑った良い顔を作ってみました。そして、この良い顔のままで嫁に接してみると、なんと嫁もにっこり笑顔を返してくれました。

それからの嫁と姑は、いつまでも仲良く暮らしたそうです。

(紅子 2013-10-27 9:38)


ナレーション市原悦子
出典茨城県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/27 9:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)