このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0778
たぬきぶね
たぬき舟

放送回:0489-A  放送日:1985年03月30日(昭和60年03月30日)
演出:岩崎治彦  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:岩崎治彦
和歌山県 ) 9482hit
淡路の柴右衛門タヌキが恩返しをする話

昔、和歌山の加太という海辺の村に、年老いた漁師の夫婦が住んでいた。二人の船はとても古く、乗っている間に少しずつ水が漏ってくるので、手桶でかき出さないといけなかった。

今日も魚を捕りに沖へ漕ぎ出だしていると、沖でおぼれているタヌキを見つけた。このタヌキは淡路島の柴右衛門狸で、酔っぱらってうっかり海に落ち、ここまで流されてきたという事だった。柴右衛門はすっかり元気を取り戻し、翌朝、老夫婦が目を覚ます前に姿を消した。

やがて北風が吹く頃になると、お爺さんは山に薪(まき)を切り出しに行った。この年はあまり薪になる木がなく、売りに行くほどの量は取れなかった。困っていた老夫婦の所に、夜になると沢山の薪が届くようになった。お爺さんがこの薪を町で売ると、火付きが良いという事で飛ぶように売れた。それからも毎晩毎晩、薪が届けられ、それが冬の間ずっと続いた。

やがて春になり「薪の送り主がいったい誰なのか」と老夫婦が見張っていると、あの柴右衛門がやって来た。柴右衛門は「もう春になったから淡路に帰ります、今日で薪は最後です」と言って去って行った。さらに、柴右衛門は新しい船もプレゼントしてくれたので、この老夫婦は魚も沢山捕れるようになった。

(紅子 2011-12-14 18:44)


ナレーション市原悦子
出典和歌山県
場所について和歌山の加太(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2500 8.25 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/14 18:44 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

86 人のユーザが現在オンラインです。 (67 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)