このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0776
ゆきたろう
雪太郎

放送回:0487-B  放送日:1985年03月16日(昭和60年03月16日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:柏木郷子
新潟県 ) 14180hit
冬の到来とともに現れるめんこい男の子と老夫婦の話

昔、越後の東頸城(ひがしくびき)の菱ヶ岳(ひしがたけ)のふもとに、髭の長者という老夫婦が住んでいました。この老夫婦は大金持ちでしたが子供がいなかったため、いつも寂しく暮らしていました。

ある年のお正月の夜。二人が眠りについた頃、裏の勝手口を叩く音がしました。戸をあけると、吹雪の中で雪をかぶった一人の子供が立っていました。この子は「おらは雪太郎」と名乗り、それはそれはめんこい男の子でした。

長者の家に男の子がやってきたという事で、次の日からまるでお祭りのように賑やかになりました。村人たちが集まってお祝いの餅をついたり、村娘たちが子供の着物をたくさん縫ったり、遠くからはお祝いの魚などが届きました。老夫婦にとって、まるで夢のような楽しい日々が過ぎていきました。

ところが、やがて春になり、雪がどんどん溶けはじめると、いつの間にか雪太郎は長者屋敷から姿を消しました。老夫婦はすっかり気落ちしてしまいました。

秋になり冬になり、また正月を迎えた夜の事。また裏の勝手口を叩く音が聞こえました。老夫婦は大急ぎで戸をあけると、少し大きくなりたくましくなった雪太郎が立っていました。その日から、再び雪太郎と老夫婦の楽しい生活が始まりました。そしてまた春が来ると、いつの間にか雪太郎はいなくなりました。

それから何年もこんな事が続き、ある年の初雪の朝の事。すっかり歳をとったお爺さんは「今年も雪太郎に会いたい」とつぶやきながら、ぽっくり死んでしまいました。その夜、婆さまも後を追うように眠るように死んでしまいました。

その年の雪は、長者屋敷をすっぽり覆い隠すほどに降り積もりました。

(紅子 2012-11-30 2:52)


参考URL(1)
http://www.n-story.jp/special/48/page1.html
ナレーション常田富士男
出典新潟県の民話(偕成社刊)より
出典詳細新潟県の民話(ふるさとの民話13),日本児童文学者協会,偕成社,1979年7月,原題「雪太郎」,採録地「東頸城郡」,再話「溝井英雄」
場所について上越市の菱ヶ岳の麓(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2857 8.29 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/30 2:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)