このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0764
とうふのびょうき
豆腐の病気

放送回:0479-B  放送日:1985年01月19日(昭和60年01月19日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:今村春美
富山県 ) 15824hit
あらすじ

昔々、ある所に働き者の豆腐の若者が住んでおった。

豆腐の若者は色白で、マメ(元気)で、男前であったので、大根の娘っこも、ごぼうの娘っこも、にんじんの娘っこも、そして子持ちのなすびも皆彼に憧れていた。

豆腐の昼飯は、大根、ごぼう、にんじんの娘がそれぞれ心を込めて作ってくれたお弁当だった。それで、豆腐は毎日おいしいお弁当を腹いっぱい食って、おまけに身の周りの世話までしてもらっていたのである。ところが、こうして皆に世話をやいてもらっているうちに、豆腐はだんだんいい気になってきた。

年に一度の村祭りでの事。豆腐は、里芋と酒を飲みながら話をしていた。里芋は豆腐に、お前さんは誰を嫁っこにするつもりなんじゃ?と、尋ねると、豆腐は大根もごぼうもにんじんも好きじゃねぇと言い、なすびにいたっては年寄りはごめんじゃよ、と言って大笑い。

さすがに里芋は怒り出した。普段、皆にあれ程世話になっておきながら!豆腐の態度に腹を立てた里芋は、娘っこ達を集めて、あんな奴の世話をやく事はねえと言った。里芋の話を聞いた娘っことなすびは、顔色を変えて怒り出してしまった。

それからの豆腐は、誰からも世話をやいてもらえなくなり、初めてどんなに皆に世話になっていたのか、身にしみて分かったのだった。

そのうち、豆腐は病気になってしまった。娘っこと、なすびが豆腐の見舞いに行くと、豆腐は皆に酷い事を言って悪かったと、心からわびた。豆腐はしきりに死ぬかもしれないと弱音を吐くので、皆は縁起でもない事を言うな、マメ(元気)じゃ!マメになれと言葉をかけた。

しかし豆腐は震える声で「ダメなんじゃよ・・・オラは豆腐だから、もう元のマメ(豆)には戻れん」と、言って嘆いたとさ。

(投稿者: パンチョ 投稿日時 2012-8-24 1:24 )


ナレーション市原悦子
出典松谷みよ子(角川書店刊)より
出典詳細民衆の笑い話(日本の民話11),松谷みよ子,角川書店,1973年12年25日,原題「豆腐の病気」,伝承地「中部地方」
場所について富山県下新川郡(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/24 1:43 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)