このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0749
ひともっこやまのゆらい
一モッコ山の由来

放送回:0471-A  放送日:1984年11月24日(昭和59年11月24日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:若林常夫
群馬県 ) 17552hit
あらすじ

榛名と駿河に山づくりが好きな大男が住んでいた。

武蔵の国で出会った二人は、ライバル心から山づくり競争を始める。

榛名の大男は大山(榛名山、はるなさん)を作るが、あと一モッコ分をもういいだろうと置かなかった。ところが駿河の大男が作った山は、さらに高くて美しい山(富士山)だった。

負けた榛名の大男の涙はすり鉢池となり、置かなかった一モッコの土砂は一モッコ山となった。

(投稿者: hiro 投稿日時 2012-1-7 11:46 )


ナレーション市原悦子
出典上州の伝説(角川書店刊)より
出典詳細上州の伝説(日本の伝説27),宮川ひろ,角川書店,1978年2年10日,原題「一モッコ山の由来」
場所について榛名山(はるなさん)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.5000 7.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/7 15:01 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)