このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0742
こめつぶみつぶおうごんみつぶ
米つぶ三つぶ黄金三つぶ

放送回:0466-B  放送日:1984年10月20日(昭和59年10月20日)
演出:池原昭治  文芸:沖島勲  美術:池原昭治  作画:今村春美
福島県 ) 12440hit
お礼にもらった黄金を産む白馬を、欲をかいて失う。

昔々、磐梯山のふもとに倉吉(くらきち)という貧しい若者が住んでいた。倉吉は、近くの池へ行って魚を釣り、これを売って暮らしを立てていた。

ある日、倉吉はいつものように池に釣りに出かけたが、どうしたことかこの日は一匹も魚がかからない。そのうち空模様が怪しくなり、池には竜巻が起こり、倉吉の舟は大きく揺れた。すると池の中から1人の美しい娘が現れた。娘は鈴のような声で倉吉に話しかける。娘が言うには、備前の国に貝殻沼(かいがらぬま)という沼があり、そこに住んでいる“くろんど”と言う者に状箱を渡してほしいとのこと。

そこで倉吉は、状箱を持って遠い備前の国を目指して旅に出た。何日も歩き続け、ようやく備前の国の貝殻沼にたどり着いた倉吉は、沼の前で“くろんど”を呼んだ。すると沼の中から立派な若者が現れ、はるばる状箱を届けに来た倉吉の労をねぎらい、お礼に宝箱を渡してくれた。

倉吉は家に帰ると、早速渡された宝箱を開けてみた。すると中には手のひらに乗るほどの小さいな白馬が入っていた。箱の底にあった手紙を読めば、この馬に毎日米つぶ3粒を食べさせれば、あなたに幸せをもたらすと書いてある。倉吉は早速米粒を3粒白馬に与えた。するとなんと白馬は黄金を3粒産んだのだ。

それから白馬は毎日黄金3粒を産んだが、産み出す黄金は米粒のように小さいので、なかなかいっぱいにならない。そこで倉吉は欲をかき、いっぺんにたくさん米粒を食べさせれば、たくさん黄金を産むのではないかと考え、嫌がる白馬の口にたくさん米粒を押し込んだ。すると白馬はみるみる大きくなり、普通の馬の大きさになったかと思うと、倉吉を振り飛ばして、どこかへ走り去ってしまった。

そして、それまで白馬が産んだ黄金も、ただの貝殻に変わってしまった。倉吉が馬鹿なことをしたと後悔するも後の祭り。このことに気落ちした倉吉は、しばらくボンヤリしていたが、また元のように魚を取るようになったということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-1-15 11:25)


参考URL(1)
http://www1.town.bandai.fukushima.jp/kanko/minwa/sub1.htm
ナレーション常田富士男
出典ふるさとの民話(偕成社刊)より
出典詳細福島県の民話(ふるさとの民話10),日本児童文学者協会,偕成社,1978年12月,原題「米つぶ三つぶ黄金三つぶ」,採録地「耶麻郡」,再話「一色悦子」
場所について北塩原村桧原雄子沢(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.7500 8.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/15 11:24 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)