このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0738
たこのあし
たこの足

放送回:0464-A  放送日:1984年10月06日(昭和59年10月06日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:白梅進
熊本県 ) 13653hit
あらすじ

昔、熊本は天草の白瀬(しろせ)に、おくん婆さんというケチな婆さんがいた。

嵐の去ったある朝、婆さんが磯で貝や小魚を拾っていると、海辺の岩場に何か大きなものが見えた。よく見てみると、それは今まで見た事もない大きなタコの足だった。婆さんは、この足を街まで持っていけばしこたま儲かると思い、足を引っ張り始めた。だが足は途中で小さく切れてしまった。その夜ばあさんは、明日岩場にあのタコの足がまたあったら、もっと長く取ってやろうと鎌を研いだ。

そして翌朝岩場へ行ってみると、またあの大きなタコの足があった。婆さんはタコの足を引っ張り足の付け根が見えると、それを鎌で切って運んだ。婆さんがこの大ダコの足を牛深(うしぶか)の街に行って売ると、たいそうな儲けになった。それから毎日婆さんは岩場へ出てはタコの足を切り、街まで運んで大儲けをした。

それから7日経った夜、となりの爺さんが婆さんを尋ね、「あのタコの足はもう何本切った?」と聞いた。婆さんが7本切ったと言うと、爺さんは「明日最後の足を切られたらあのタコはもう生きていけん。それにあまりむごいことをすると、どんな祟りがあるかわからんぞ。明日タコの足を切るのはやめた方がいい」と忠告した。だが婆さんはそんなことに耳を貸そうとしなかった。

そしてその夜、婆さんは夢をみてうなされた。婆さんがいつもの岩場でタコの足を引いていると、あの大ダコが海から現れ、最後の足だけは切らないでと泣きながら頼むのだった。婆さんは夜明け頃に目を覚まし、岩場へ来てみると、またあの大ダコの足が出ていた。

それを見た婆さんは途端に夢のことなど忘れてしまい、タコの足を引っ張り始めた。だがその時、突然婆さんはめまいを起こし、足をすべらせ海に落っこちてしまった。海に落ちた婆さんは急に海に引き込まれてしまった。それから空がにわかにかき曇り、やがて大嵐になった。

一晩中荒らしは吹き荒れてようやく晴れたが、その後婆さんの姿をみた者はないそうだ。 その後、婆さんが大ダコの足を取ったこの瀬は、「おくん瀬」と呼ばれるようになった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


参考URL(1)
http://bluemarinesrv.kataranna.com/e4962.html
ナレーション常田富士男
出典熊本の伝説(角川書店刊)より
出典詳細熊本の伝説(日本の伝説26),荒木精之,角川書店,1978年1年10日,原題「たこの足」
場所についておくん瀬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.6000 7.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)