このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0007
ぶんぶくちゃがま
ぶんぶく茶釜
高ヒット
放送回:0004-A  放送日:1975年01月28日(昭和50年01月28日)
演出:星山博之  文芸:星山博之  美術:椋尾篁  作画:菊田武勝
写真あり / 群馬県 ) 115096hit
あらすじ

和尚さんが古い茶釜を買ってきて、お湯を沸かそうと火にかけたところ、茶釜が「熱い!」と悲鳴をあげた。気味悪がった和尚さんは、古道具屋にただで譲った。

古道具屋は家に持って帰って、その茶釜がタヌキが化けたものだと知る。タヌキはその姿のまま元に戻れなくなってしまったというので、古道具屋はタヌキの言われたままに見せ物小屋を作ってやり、分福茶釜と銘打って見せ物をしてたくさんのお金を稼いだ。

やがてタヌキは病気を患い、茶釜の姿のまま死んでしまった。古道具屋は茶釜をお寺に運んで供養してもらった。その茶釜は茂林寺に今も伝えられているという。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:35 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について群馬県の茂林寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第8巻-第036話(発刊日:1976年9月20日)/童音社BOX絵本_第41巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第056巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第14巻-第53話(発刊日:2006年8月30日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第10巻(絵本発刊日:1984年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第007巻(発刊日:1977年8月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「群馬県の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「群馬県の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より人を化かすのが得意なのに、茶がまに化けて元の姿に戻れなくなってしまうとは、なんとも間の抜けたたぬきなのでしょう。そこが、人々に愛されるゆえんでもあります。この「ぶんぶく茶がま」は群馬県館林市にある茂林寺に伝わる話で、「くめどもつきぬ茶をわかし、やがて手がはえ足がはえ、そしてうかれて踊りだす。たぬきの化けたこの茶がま…」と書かれており、ぶんぶく茶がまは、今もここに大切に保存されています。“ぶんぶく”とは福を分け与えるとうい意味の“分福”であるとか、湯の湧く音であるとか、いろいろな説があります。(群馬地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍によると「群馬県のお話」
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「群馬地方の昔ばなし」
8.2222 8.22 (投票数 18) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:34 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)