このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0682
きつねのかきのき
狐の柿の木

放送回:0427-B  放送日:1984年01月21日(昭和59年01月21日)
演出:岩崎治彦  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:岩崎治彦
岩手県 ) 9888hit
母キツネを助けたお礼に柿の木をもらった話

昔、山深いところに吾助という獣とりの名人が、かみさんと二人で住んでいた。罠にかかった獲物を町で売って、生活の足しにしていた。

ある冬の日のこと、吾助の罠に大きな女狐がかかっていた。この狐を売れば、かみさんにあったかい角巻き(肩掛け)を買ってあげられると喜んだが、この女狐には二匹の子狐がいる事に気が付いた。みなしごだった吾助は、幼少期に寂しい思いをしていたことを思い出し、子狐が可哀そうになり母狐を逃がしてやった。そして、吾助はこれを機会に獣とりの仕事をやめた。

春になった頃、吾助夫婦の家に一人の若者が訪れ、「母からの使いです」と、数本の柿の苗を差し出した。吾助がその柿の苗を植えてみると、次の年から沢山の甘い実をつけた。この柿の実は評判となり、町からも買いに来るようになり、吾助夫婦は大金持ちになった。

(紅子 2011-10-2 0:26)


ナレーション市原悦子
出典岩手県
DVD情報DVD-BOX第11集(DVD第53巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第072巻(発刊日:1987年3月)
講談社の300より書籍によると「岩手県のお話」
9.6000 9.60 (投票数 15) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/2 0:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)