このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0625
とっくりじいさん
とっくりじいさん

放送回:0392-A  放送日:1983年05月14日(昭和58年05月14日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:関口良雄  作画:上口照人
新潟県 ) 17508hit
貧しくて酒も飲めずに死んだ老人が、生まれ変わってトックリになる話。

昔、備前の国に小さな寺があった。この寺の和尚は怠け者で、毎日酒ばかり飲んでおった。

ところでこの寺では最近、夜中に奇妙な音が台所の方から聞こえてくるのじゃった。ある夜、たまりかねた和尚と小坊主は、音の正体を突き止めるために台所へ忍び寄った。するとなんと、腰の曲がった徳利(とっくり)が、水瓶の水をごくんごくんと飲んでおるではないか。驚いた和尚が訳を尋ねると、徳利はとつとつと話しはじめた。

『わしは越後の生まれでな、物心つくころから草鞋を編んで貧しい暮らしをたてておった。それで、気がついてみたら、すっかり年取ってしまっておった。「もうじき死んでしまうだろう。ああ、せめて、今度生まれてくる時には、徳利になって好きな酒を腹一杯飲んでみたいもんじゃ。」と思うたんじゃ。それで、墓の土で徳利を造るという備前の国へ行って死んで、墓の土になろうと思うたんじゃよ。

そうして長い旅をして、わしはようやく備前の国に着いたんじゃ。じゃが、ふと不安になったんじゃよ。「そんなに簡単に墓の土になれる訳はない。」とな。どんなことをしても墓の土になり、備前徳利にならなけばならんのでなぁ。そこで、わしは墓に穴を掘り、土を自分にかぶせながら祈ったんじゃ。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏……』

こうして長い年月をかけて墓の土となり、望み通り備前徳利となった徳利爺さんじゃったが、どうしたことかガラクタ市で小坊主に買われ、腹一杯醤油を流しこまれたのじゃった。徳利爺さんはがっかりするやら、しょっぱいやら、どうにも我慢できんようになって、夜な夜な水を飲んでいたのじゃった。

和尚と小坊主は『何事も一念をもってやりとおせば必ず望みが叶う』ということを身をもって伝えた徳利爺さんを、この寺の宝として大切にし、いつもお酒を腹一杯飲ませてやったそうじゃ。また、和尚は心を入れ替え、それからは朝夕の読経を絶やすことがなかったという。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2012-4-13 22:48 )


ナレーション市原悦子
出典岸なみ(偕成社刊)より
出典詳細ふしぎばなし(幼年版民話10),岸なみ,偕成社,1973年2月,原題「とっくりじいさん」
場所について新潟県古志地方に伝わる民話だそうです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.3333 9.33 (投票数 18) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/13 23:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)