このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0617
とうこうじのけやき
東光寺のケヤキ

放送回:0386-B  放送日:1983年04月02日(昭和58年04月02日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:折芝千草  作画:須田裕美子
新潟県 ) 11991hit
大ケヤキの精が遊行上人のお札をもらって来る

昔、越後の国、南鐙坂(みなみあぶさか)の村外れに、百姓のおっとうとミヨと言う名の一人娘が住んでいた。

昔この場所には東光寺という寺が建っていたそうだが、今では廃れてしまい、ご神木の大きなケヤキの木だけを残すのみだった。そして信心深いミヨは、毎朝この家の前にある大ケヤキにお祈りしていた。

そんなある日、おっとうは、明日近くの十日町へミヨを連れて行くと言う。それは十日町の来迎寺に、遊行上人(ゆぎょうしょうにん)という偉いお坊さんが訪れるので、二人で上人の書いたお札をもらいに行くためだった。

十日町へ行くのを楽しみにしていたミヨだったが、いざ翌朝になってみると、おっとうが急に熱を出して床から起き上がれなくなってしまった。遊行上人は徳の高いお坊さんで、上人が書いたお札は難しい病気も直すと聞く。お札が欲しいのはやまやまだったが、このままおっとうをおいて十日町へは行けない。ミヨは苦しい胸の内を大ケヤキの前で話した。

するとどうしたことか、ミヨがおっとうのために沢の水を汲みに行った一時の間に、大ケヤキは忽然と家の前から姿を消していたのだ。

そして、ミヨの家の前から大ケヤキが消えたちょうどその時、城之古(たてのこし)の渡し場に不思議な婆さまが現れた。船頭はこの婆さまを乗せて向こう岸に渡そうとするが、婆さま一人しか乗っていないのに、舟はまるで岩でも載せたように重い。船頭はやっとの思いで舟を十日町の方へと渡した。この婆さま、すぐに遊行上人のお札をもらって帰って来たが、帰りに渡す時もやはり岩のように重い。

一方、ミヨの家ではそれからしばらくすると、なんと消えた大ケヤキがまた元通り立っている。そしてそれと同時に、おっとうの病気も嘘のように治ってしまった。家の戸口には、誰が持ってきたのか遊行上人のお札が貼られている。

ミヨは言う。「わかった!このお札はケヤキさまが頂いて来たんだ。」

この大ケヤキは、それからもおっとうとミヨの生活を見守り続けたということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-7-3 11:05)


ナレーション常田富士男
出典新潟県
DVD情報DVD-BOX第9集(DVD第43巻)
場所について新潟県十日町市南鐙坂1490-1 東光寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第095巻(発刊日:1988年2月)
講談社の300より書籍によると「新潟県のお話」
7.8000 7.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/3 11:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)