このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0061
かっぱのあまごい
河童の雨ごい
高ヒット
放送回:0036-A  放送日:1976年06月12日(昭和51年06月12日)
演出:杉田実  文芸:沖島勲  美術:まるふしろう  作画:高橋信也
ある所 ) 55420hit
あらすじ

昔、森の中に小さな村と古い沼があった。その古い沼には一匹の河童が住んでいて、村人たちに悪さばかりしていた。

ある日、旅のお坊さんが河童の住む沼に訪れて、なぜ悪さをするのか聞いてみた。河童は、自分がこの姿で生まれてきたことを憂いて暴れまわっている、と答えた。それを聞いたお坊さんは、生きているうちに人の役に立つ事をするのだ、と諭して去って行った。

さて、その年の夏の事。村では何日も日照りが続き、村人たちの雨乞いもいっこうに効果がなかった。そこへ、何を思ったのかあの河童が現れて、自分にも雨乞いをさせてくれ、と頼んだ。村人たちはワラをもすがる思いで、河童にも雨乞いをさせた。河童の雨乞いは何日も何日も続き、その間、水も飲まなければ食べ物も食べなかった。

数日後のある日、空にゴロゴロと雷鳴がとどろき、大粒の雨がポツポツと降ってきた。雨はみるみる激しさを増し、やがて滝のように降り始めた。しかしその時の河童はもう、雨に打たれながら死んでいた。

夏も終わり、旅のお坊さんがまた村を訪れ、河童の雨乞いの話を聞いた。お坊さんから、人間になりたかった河童の話を聞いた村人たちは、沼のそばに小さな河童のお墓を立てて、後々まで語り伝えた。

(紅子 2011-8-25 17:13)

 


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第1集(DVD第1巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第16巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第15巻-第072話(発刊日:1977年5月15日)/講談社テレビ名作えほん第021巻(発刊日:1978年2月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
8.6316 8.63 (投票数 19) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/25 17:13 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)