このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0572
しろへびのたたり
白蛇のたたり

放送回:0358-B  放送日:1982年09月11日(昭和57年09月11日)
演出:なべしまよしつぐ  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:なべしまよしつぐ
茨城県 ) 17623hit
あらすじ

昔、茨城の八渡の郷(やわたりのごう)という小さな村がありました。この村には、お諏訪さまというお宮があって、村人たちの守り神さまとしてたいへん慕われていました。

秋祭りが近付いてきたある年の事、お諏訪さまの草むしりをしていた若者たちが、小さな白へびを見つけ捕まえようと追いかけまわしました。村人たちも白へびを面白半分に追いかけ始め、ゴマの木の枝で叩いたりしていました。

しかし、この白へびは”お諏訪さまのお使い”の蛇だったため、その夜から雨が降り続け、せっかく実っていた稲もゴマもすっかり腐ってしまいました。村人たちはお諏訪さまへのお詫びのしるしに、村ではゴマを作らないと誓いを立てました。

四~五年が過ぎた頃、一人の若者が誓いをやぶってゴマを植えました。そのゴマは立派に育ち、それを見た若者たちは、たたりはもう終わった過去の話だろうと考え、またゴマを作りはじめました。村人たちも、翌年の春になるとゴマを植えました。

その年の秋、待ちに待った刈りいれの日、村中のゴマの木からヘンな虫がわきはじめました。虫は、頭のてっぺんから真っ赤な炎のようなものを出して、村人たちに向かってきました。若者たちもすっかり震えあがり、もう二度とゴマは作らないと再びお諏訪さまに誓いました。

これ以来、この八渡の郷ではへびをいじめる事もせず、ゴマは一本も作らなくなりました。

(紅子※講談社の決定版100より 2011-11-17 1:14)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「茨城県のお話」
7.2500 7.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/17 1:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)