このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0555
うしいけ
牛池

放送回:0347-B  放送日:1982年06月26日(昭和57年06月26日)
演出:しもゆきこ  文芸:境のぶひろ  美術:しもゆきこ  作画:今村春美
新潟県 ) 19541hit
あらすじ

昔、ある山の中に美しい水をたたえた深い池があった。その池からそう遠くない所に、小さな山里があった。この山里のある家に、欲深な婆様と、気立ての優しい娘が住んでいた。

「鳥や牛に生まれたほうが、どれほどよかったかもしれねえな。」と、娘は思うのだった。娘は婆様に、くる日もくる日も機を織らされているのだ。娘の織る反物は、たいそうな銭になるので、婆様は娘を一日も休ませなかった。娘は手も足も凍え、かじかみ、ひびわれて、崩れていった。

ある日、窓辺に小鳥が迷い込んできた。娘は思わず見とれ、機をおる手足の調子を乱してしまい、縦糸がばっさりと切れてしまった。それを見た婆様は狂ったように叫び、「直さんうちは飯をやらない」と言った。

婆様が寝静まった夜中、娘は外へ出て泣き崩れていた。ふと気配を感じ顔を上げると、目の前に婆様の飼っている牛がいた。牛は、娘を背中にのせて、月の光のなかをゆっくりと歩きだした。そうして牛と娘の姿は、山の池のあたりで見えなくなった。それっきり誰もその姿を見たものは現れなかった。

長い年月が過ぎ、誰がつけたのか、牛と娘が消えた山の池は「牛池」と呼ばれるようになり、月の明るい晩に、機をおる音が聞こえてくるそうだ。

(投稿者: 十畳 投稿日時 2011-8-1 15:55 )


ナレーション市原悦子
出典新潟県
場所について牛池(十日町市にある)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第047巻(発刊日:1981年5月)
講談社の300より書籍によると「新潟県のお話」
9.1818 9.18 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/2 0:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)