このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0553
はまぐりいし
蛤石

放送回:0346-A  放送日:1982年06月19日(昭和57年06月19日)
演出:細谷秋夫  文芸:久貴千賀子  美術:阿部幸次  作画:細谷秋夫
岐阜県 ) 8985hit
あらすじ

昔、ある山里のはずれに小さな池があって、そのほとりには大小の二つの石がありました。この二つの石は、水を掛けるとハマグリのような模様がでるので「蛤石」と呼ばれていました。

この池に、孫と一緒に水を汲みに来るばあ様がいて、この蛤石を大切にしていました。野良仕事の合間をみては、いつも石に水をかけてあげていました。

そんなある夏の事。村には一粒の雨も降らず日照りが続き、村中総出で行った雨乞も全く効き目がなく、池や田畑がカラカラに乾きはじめました。ばあ様は、この日照りで石も不憫に思えて、わずかに残った池の水を石にかけてあげました。

すると、力ずくでも動かせない蛤石がグラグラと動きはじめ、ゴロンゴロンと転がり枯れかけた池の中に飛び込んでいきました。水にぬれた石にハマグリの模様が浮かび上がると、それと同時に空には黒雲がわき起こり、なんと雨が降りはじめました。雨は何日も降り続け、おかげで村の田畑はすっかり生き返り、池にも清らかな水が満々とたたえられました。

不思議な事に、この蛤石は雨を降らせた後、ちゃあんと元の場所に戻っていたそうです。それからもばあ様は暇さえあれば蛤石に水をやり、孫たちは石のまわりで戯れました。今でも、どこぞの池のほとりにこの二つの蛤石は並んであるそうです。

(紅子 2012-1-17 21:20)


参考URL(1)
http://www6.plala.or.jp/ebisunosato/hamaguri.htm
ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
場所について飛騨市古川町高野の古川城跡にある蛤石か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「岐阜県のお話」
7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/17 21:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)