このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0051
たびびとうま
旅人馬
高ヒット
放送回:0029-A  放送日:1976年04月24日(昭和51年04月24日)
演出:今沢哲男  文芸:沖島勲  美術:山守正一  作画:鈴木欽一郎
九州地方 ) 45875hit
あらすじ

金持ちの息子の栄助と貧しい家の五郎の仲良し二人が楽しく旅をしていた。

二人はある宿屋に泊まるが、その夜、五郎はなかなか寝付かれなかった。すると宿屋の女将が起きてきて、囲炉裏の灰に種を播いていた。すると稲が伸びてきて、女将はその稲から団子を作った。翌朝、その団子を栄助が食べると栄助は馬になってしまった。五郎は一人で這々の体で逃げ出した。

ある農家のお爺さんに話をすると、「東に歩いていくと、大きな茄子畑があり、一本の木に七つの実が一度に東に向いてなっている茄子があるから、それを友達に食べさせると良い。」と教えてくれた。何日もかけて言われたとおりの茄子を探し当てた五郎は、女将の留守に宿に戻り、馬なった栄助に茄子を食べさせると、栄助は無事に人間に戻った。

そしてその後も旅を続けた二人は、何年か後に村に帰り、栄助は財産の半分を五郎に譲り、兄弟のように仲良く暮らした。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:44 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第4集(DVD第16巻)
VHS情報VHS-BOX第3集(VHS第23巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第15巻-第073話(発刊日:1977年5月15日)/国際情報社BOX絵本パート1-第048巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第026巻(発刊日:1978年4月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「九州地方の昔ばなし」
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「九州地方の昔ばなし」
7.0000 7.00 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

87 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)