このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0503
おなついし
お夏石

放送回:0316-A  放送日:1981年11月21日(昭和56年11月21日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:白梅進
神奈川県 ) 18361hit
強欲婆さんの自慢の里芋が石になっちゃう話

昔、小田原の近くの寄(やどろぎ)というところにお夏という欲深な婆さんが住んでいました。それはもう、自分の物なら舌を出すのも嫌いなほどで、人の物は平気で横取りしてしまうほどの強欲ババアでした。

このあたりの土地は痩せていてどの畑の里芋も育ちが悪いのでしたが、どういうわけかお夏婆さんの里芋だけは丸々と太っていました。村人たちが、お夏婆さんに里芋(種芋)を分けてくれるようお願いしても、絶対に分けてくれませんでした。

ある日、この村にみすぼらしい旅の坊さんがやってきました。ちょうど里芋を洗っていたお夏婆さんに「もう五日も何も食べてないのでこの芋を分けてもらえませんか?」とお願いすると、婆さんは「これは石芋だから食えんのじゃ」と嘘をつきました。

家に帰った婆さんは、洗ってきたばかりの里芋を鍋で煮て、そろそろ食べようと蓋をあけてみると、なんと里芋は全部石になっていました。あわてて畑へ行ってみると、なんと婆さんの自慢の里芋はみんな石になっていました。

それからというもの、お夏婆さんの畑では何度芋を植えてもみんな石になったそうです。村人たちは、この石芋の事を「お夏石」と呼んで、欲をかかないための戒めにしたそうです。

(紅子 2012-1-16 0:16)


ナレーション常田富士男
出典神奈川県
DVD情報DVD-BOX第10集(DVD第48巻)
場所について松田町寄(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「神奈川県のお話」
5.8000 5.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/5 20:27 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)