このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0484
かわうそとたぬきとうさぎ
かわうそと狸と兎

放送回:0304-A  放送日:1981年08月29日(昭和56年08月29日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:殿河内勝
滋賀県 ) 14562hit
あらすじ

昔々ある山奥に、かわうそと狸とうさぎがいた。退屈していた三匹は、買い物帰りのばあさんを驚かしてやろうと思った。

道に倒れたふりをした狸に驚いたばあさんから、ゴザにつつまれた荷物を奪った。奪った荷物の中には、塩と豆が入っていた。そこで、三匹で山分けすることになり、かわうそは塩を取り、ウサギは豆を、狸はゴザを受け取った。

翌朝、三匹ともそれぞれが苦しそうにしていた。かわうそは一晩中、好きな塩を舐めながら水を大量に飲んだため、腹が膨れてしまった。うさぎも一晩中、豆を食い続けたため、口の中がブツブツと荒れてしまった。ゴザの上で寝ようとした狸は、滑るゴザの上では全く眠れず、睡眠不足だった。

これに懲りて、三匹は二度とイタズラをしなくなった。

(紅子 2011-7-25 1:15)


ナレーション常田富士男
出典滋賀県
備考里のかたりべの「かわうそたちとねこと牛どん」でも放送
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第31巻よりぬき名作集-第153話(発刊日:1983年5月)/講談社テレビ名作えほん第051巻(発刊日:1983年10月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍によると「滋賀県のお話」
8.1667 8.17 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/25 1:15 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)