このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0478
きつねとはぐろやまぶし
きつねと羽黒山伏

放送回:0300-A  放送日:1981年08月01日(昭和56年08月01日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:福井のり子  作画:須田裕美子
山形県 ) 17706hit
あらすじ

と或る小春日和の庄内平野の小川の畔。千岳坊と万岳坊という羽黒山伏が休んでた。

退屈な二人は、橋の上で間抜けな格好で寝ている狐をほら貝を吹いてびっくりさせて暇つぶしをすることにした。狐は驚いて川に落ちる。二人は大笑いをした。思わぬことで暇を潰した二人は羽黒山への途に着いた。

しかし、まだ昼過ぎだというのに日が暮れてしまう。二人は仕方なく何処かに泊めてもらおうと街の明りを探す。何とか野中の一軒家の明りを見つけ向かった。怪しげな家の主に事情を話して泊めてもらおうとすると。家内が死んでこれからお寺に行かなければならないがその間に獣が死体に悪戯しないか心配していると言う。

そこで二人は留守番を条件に 泊めてもらうことになる。そして主は出かけた。なかなか帰ってこない。二人は棺桶に入った死体を見ない様にしているが気になる。ぎぃ~っと、いきなり棺桶の蓋が開き白い細い手が出てくる。お供え物の団子をひとつ掴んで元に戻った。

成す術も無く恐れ慄き震える二人。それを何度が繰り返しお供え物の団子がなくなった。そして、再び出てきた手は二人の方へ向かってきた。二人が逃げ出すと、二人は川の中へ、パッシャァ~ン。

冬の初めの事で、川の水はもう冷たかった。川の畔では狐が微笑んでおったそうな。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典山崎誠助(東北出版企画刊)より
出典詳細鶴岡の昔ばなし,山崎誠助,東北出版企画,1977年7月10日,原題「きつねと羽黒山伏」
場所について庄内平野の真ん中を流れる小川(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.5000 7.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)