このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0465
ひめじょぶちのかっぱ
媛女渕の河童

放送回:0291-B  放送日:1981年05月30日(昭和56年05月30日)
演出:高沢孫一  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:上口照人
写真あり / 熊本県 ) 12112hit
あらすじ

昔、肥後の稗方(ひえがた)に、仙太(せんた)という馬喰(ばくろう、馬の売買をする人)が住んでいました。仙太の妻が死んでからは、朝夕に妻の仏壇にご飯をお供えしては手を合わせていました。

ある夏の日、仲間の平吉と大津へ馬を売りに行く途中、媛女渕で一休みする事にしました。平吉がきゅうりの食べカスを淵の中に吐き出すと、それに怒った河童たちがゾロゾロと現れ二人を取り囲みました。二人は謝り「帰りに必ずきゅうりを届けるから」と約束して、どうにか許してもらいました。

しかし、大津で酒を飲んで一人で帰ってきた平吉は、きゅうりを届けなかったので、河童からボコボコにされ財布まで取り上げられてしまいました。それを知った力自慢で気の優しい仙太は、平吉の財布を取り返すために、河童たちと相撲で勝負することになりました。

しかし、河童たちの体力&持久力はものすごく、このままだとマジでヤバい死んでしまうと思った仙太は、途中で食事タイムを取らせてもらい、仏壇から持ってきたおにぎりを食べる事にしました。すると河童たちは、仏壇の米粒から発せられる光を怖がり、財布を投げ出し淵へ逃げていきました。

死んだ妻が助けてくれたのか、仏様が力を貸してくれたのか。とにかく仙太は命拾いしました。それからというもの、媛女渕には二度と河童は現れませんでした。

(紅子 2012-1-26 23:35)


ナレーション市原悦子
出典熊本県菊池市
DVD情報DVD-BOX第10集(DVD第50巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について菊池の媛女淵(媛女渕)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第098巻(発刊日:1980年かも)
講談社の300より書籍によると「熊本県のお話」
5.5000 5.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/26 23:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)