このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0463
こうのたまご
鴻の卵
高ヒット
放送回:0290-A  放送日:1981年05月23日(昭和56年05月23日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:小林治
徳島県 ) 20230hit
あらすじ

ある夏の日差しがジリジリと照りつける日、善良な男が旅をしていました。村はずれの広い野原で、カエルを狙っている蛇に気が付きました。憑りつかれたように凝視する男の目の前で、蛇はカエルに食らいつき頭から飲みはじめました。

男は思わず、竹棒でやたらめったら蛇を打ち据えました。打たれた蛇はぐったりしてカエルを吐き出しましたが、それでも男は竹棒で繰り返し打ち続けました。その夜、旅から帰った男はひどい寒気に襲われ寝込んでしまい、ガタガタと何かに怯える日々を過ごしました。

そんなある日の事、男の家に目の不自由な巡礼の娘が立ち寄り「病で困っているご主人を看病してあげましょう」と言い、泊まり込んで男の世話をする事になりました。かいがいしく世話してくれる娘に、女房はいい人が来てくれたと喜びましたが、男の病は悪くなる一方でした。

そこへ、一人の山伏が男の家に立ち寄り「コウノトリの卵を飲ませると治る」と言いました。この卵は「二十歳前の未婚の娘が取って来ないと効き目が出ない」という事で、巡礼の娘が採りに行くことになりました。コウノトリの巣のある大木を登っていった娘が鴻の巣へ入ると、コウノトリの鳴き声が聞こえ、それっきり娘は降りてきませんでした。

実はこの娘は、あの時打ちのめした蛇の化身で、巣に入ったところでコウノトリに食われてしまったのでした。そして山伏は、あの時助けたカエルの化身で、蛇が男を呪い殺そうとしていることを知って助けに来たのでした。その後、男の病はすっかり治りました。

(紅子 2012-2-15 1:27)


ナレーション市原悦子
出典徳島県池田町
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第33巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第096巻(発刊日:1980年かも)
講談社の300より書籍によると「徳島県のお話」
7.5000 7.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/15 1:27 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)