このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0434
ふたつみちのおいはぎ
二ツ道のおいはぎ

放送回:0271-A  放送日:1981年01月10日(昭和56年01月10日)
演出:なべしまよしつぐ  文芸:久貴千賀子  美術:西村邦子  作画:なべしまよしつぐ
栃木県 ) 17555hit
おいはぎを追い払った、キツネ親子の話

昔、馬頭街道が通る栃木県の山奥に「平野」という村がありました。

この村は自然が豊かで、みんな平和で幸せに暮らしていました。子ども達が小川でとった魚を、近くにいたキツネの親子にも惜しみなく分ける程、仲良く穏やかでした。

ところがある時、村に近い街道に一人のおいはぎが住みつき、村人たちを襲っては身ぐるみ剥して金品を奪い取るようになりました。村人たちはこのおいはぎを恐れて、街道を通る事ができなくなり困ってしまいました。

この事を知ったキツネの親子が、悪いおいはぎを懲らしめる事にしました。キツネは、ぴかぴか七色に光る大きな石を担いだ若者に化け、おいはぎのいる街道に出向きました。案の定、若者の目の前に刀をもったおいはぎが現れ、若者に襲いかかりました。

若者に化けたキツネは、さんざんおいはぎを痛めつけ、おいはぎを街道から追い払いました。おかげで平野の村には平和が戻り、安心して街道を通る事ができるようになりました。

(紅子 2012-9-29 16:32)


ナレーション市原悦子
出典栃木県烏山町
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第38巻)
場所について那須烏山市志鳥の平野地区(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第081巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第090巻(発刊日:1987年12月)
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
6.8333 6.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/29 16:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)