このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0419
いじのもち
意地の餅

放送回:0263-A  放送日:1980年11月15日(昭和55年11月15日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:岩崎治彦
大分県 ) 14000hit
あらすじ

村でも評判の、意地っぱりの老夫婦がいた。

田んぼで仕事をしていても「雨が降る降らない」で意地を張り合い、家に帰れば「風呂が沸いた沸いてない」で意地を張り合う。いつも口げんかをしていたが、村人たちはそれを微笑ましく見ていた。

ある年の秋祭りの際、豊年万作の祝い餅が配られた。最後の一つを取り合いとなりどちらも譲らないため、先にしゃべった方が負けで、勝った方が最後の餅を食べるという事にした。

その時、家に泥棒が入り、おもわず「泥棒ー!」とじいさんが叫んでしまった。泥棒はあわてて逃げだしたが、村人たちに取り押さえられてしまった。泥棒は「あんな意地っぱりで、よくあれで夫婦でいられるもんだな」と不思議がったが、村人たちは「あれでこの村では一番の仲良し夫婦なんだ」と言いあった。

結局、最後の餅はばあさんのものとなり、その後も仲良く意地を張り合いながら暮らした。

(紅子 2011-6-21 1:42)


ナレーション常田富士男
出典土屋北彦(未来社刊)より
出典詳細大分の民話 第二集(日本の民話59),土屋北彦,未来社,1976年05月15日,原題「意地の餅」,採録地「大分郡庄内町」,話者「工藤秀夫」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.6000 5.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/21 1:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)