このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0410
えんもちだぬき
縁持ち狸

放送回:0257-A  放送日:1980年10月04日(昭和55年10月04日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:フクハラ・ヒロカズ
山口県 ) 19093hit
あらすじ

山口県岩国市御庄の神の内(こんのうち)という所に、村人から慕われている庄屋がいました。この庄屋は裏山に住む古ダヌキとも仲が良く、家族ぐるみの深い付き合いをしていました。

庄屋にはお愛という一人娘がいて、来年の春には働き者の権助と結婚する予定でした。そんなある日、岩国のご家老が庄屋の屋敷に立ち寄り、その時お茶を出してくれたお愛に一目惚れしてしまいました。庄屋は何とか断ろうとしましたが、ますますお愛に夢中になったご家老は「嫁にくれねば家をとり潰す」と脅し始めました。

困った庄屋は古ダヌキに良い知恵を借りようと、手土産を持って裏山に出かけて行きました。古ダヌキは手ぶらで相談に来てくれなった事にブツクサ文句を言いながらも、快く縁を取り持つ事を引き受けてくれました。

さっそく古ダヌキは庄屋のおかみさんに化けて、ご家老の屋敷に乗り込みました。座敷に通された古ダヌキは、「お愛を産んだ母親の私が、実は狸なのです」と元の姿に戻ってみせました。腰を抜かすほどびっくりしたご家老は、もう二度と庄屋の家には近づきませんでした。こうしてお愛はめでたく権助のところへ嫁入りする事ができました。

(紅子 2011-11-2 0:19)


ナレーション常田富士男
出典山口県岩国市より
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第32巻)
場所について岩国市御庄の神の内(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第076巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第066巻(発刊日:1986年12月)
講談社の300より書籍によると「山口県のお話」
9.0667 9.07 (投票数 30) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/2 0:19 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)