このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0393
すずめのくれたひょうたん
雀のくれたひょうたん

放送回:0246-A  放送日:1980年07月19日(昭和55年07月19日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:亀崎経史  作画:白梅進
神奈川県 ) 14307hit
あらすじ

昔、心優しいおばあさんと意地悪ばあさんが、隣同士で住んでいた。

ある日、近所の悪ガキが怪我をさせた雀を、優しいおばあさんが手当てしてあげた。

すると元気になった雀は、お礼にひょうたんの種を持ってきた。 おばあさんがそれを育てるとたくさん実がなったので、収穫したひょうたんを屋根いっぱいに吊しておいた。 そしたらなんと、そのひょうたんの米が出てきた。

それを見ていた意地悪ばあさんも、さっそく雀を捕まえ痛めつけて 「介抱してやったんじゃから、ワシにもひょうたんの種持ってこい」と脅した。

まんまと種を手に入れた意地悪ばあさんは、 さっそく育てて実ったひょうたんを収穫し、屋根に吊した。 しかしいくら待っても米が出てこない。 怒った意地悪ばあさんがひょうたんを叩くと、中から大量の蛇やゲジゲジが出てきた。

家と体を虫だらけにしてしまった意地悪ばあさんは、気絶してしまいましたとさ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)

 


ナレーション常田富士男
出典安池正雄(未来社刊)より
出典詳細神奈川の民話(日本の民話19),安池正雄,未来社,1959年05月30日,原題「雀のくれたひょうたん」,話者「安池鍬蔵」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)