このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0039
かぜのかみとこども
風の神とこども
高ヒット
放送回:0022-A  放送日:1976年03月06日(昭和51年03月06日)
演出:まるふしろう  文芸:沖島勲  美術:稲場富恵(アートノア)  作画:スタジオアロー
新潟県 ) 41831hit
あらすじ

北国での話。

子ども達が村のお堂の前で遊んでいると、突然風が吹き、大きな子どもがやって来た。その子は村の子ども達に柿や栗のたくさんなっている山に連れて行ってやると言う。

子ども達は山でお腹一杯になるまで柿や栗を食べて遊んでいたが、突然その子が用があるので、お前達は自分で家に帰れと言って姿を消してしまう。

困った子ども達が山をさまよい歩いていると家の明かりが見えた。そこには風の神の親が住んでいて、先ほどの大きな子どもは南風のあにゃあ(兄)だったという。

子ども達はそこでご馳走になり、北風の神(弟)に村に送ってもらう。村では心配した大人達が心配して待っていた。 

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:41 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第2巻-第010話(発刊日:1976年5月31日)/二見書房まんが日本昔ばなし第3巻-第11話(発刊日:2005年11月14日)/講談社テレビ名作えほん第018巻(発刊日:1977年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「上越地方の昔ばなし」
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「上越地方の昔ばなし」
7.8333 7.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)