このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0031
りゅうのふち
龍の淵
高ヒット
放送回:0016-A  放送日:1976年01月24日(昭和51年01月24日)
演出:小華和ためお  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次(青木稔)  作画:金沢比呂司
宮崎県 ) 68019hit
あらすじ

日向国の米良(めら)の庄に漆取りの兄弟がいた。兄が漆の木を探して山の中を歩いていると、気味の悪い淵に出た。兄はうっかり鉈を淵に落としてしまい、淵に潜って探しているうちに、淵の底に良質な漆が溜まっているのを見つけ大喜びする。

それを町に持っていくとたいそうなお金が手に入るので、その日から兄は人が変わったように怠け者になってしまった。弟にはそのことを秘密にしていたが、ある日、怪しく思った弟は、兄の後をつけて淵の漆のことを知る。そして弟も兄同様に怠け者になってしまった。

兄は弟に漆のありかを知られたのを面白く思わず、淵の底に木彫りの龍を沈めて弟に漆をとらせないようにした。翌日弟が淵に潜り、木彫りの龍を見て本物の龍と間違えて逃げて帰った。

それを見てしてやったりの兄が漆を取ろうと淵に潜ると、木彫りの龍が動き出し、兄に襲いかかった。慌てて逃げだすが、自分の作った龍が動くことを信じられず、もう一度潜るが、やはり龍が襲いかかってきた。兄はやっとのことで逃げ出した。

その後、龍は、深い淵に戻ったまま二度と姿を現すことはなかった。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:33 )


参考URL(1)
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000095219.pdf
ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第11集(DVD第55巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第19巻)
場所について児湯郡西米良村大字小川(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第1巻-第002話(発刊日:1976年4月30日)/二見書房まんが日本昔ばなし第7巻-第26話(発刊日:2006年2月21日)/講談社テレビ名作えほん第033巻(発刊日:1980年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「宮崎地方の昔ばなし」
講談社の300より書籍によると「宮崎県のお話」
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「宮崎地方の昔ばなし」
9.1250 9.13 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:33 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)